いろんな使い方ができる

>

オシャレ度がアップする

ブラシを購入しておこう

ドライヤーの温風を使うと、髪の毛を巻くことができます。
トレンドの髪形を作りたい時や、いつもとイメージを変えたい時に実践しましょう。
しかしドライヤーで行う場合は、クシや普通のブラシだとうまく髪の毛を巻けません。
この時は巻き毛を作る、専用のブラシを用意しましょう。
そのようなブラシは円柱になっており、全方向にコームがついています。
ブラシに髪の毛を巻き付けたら、ドライヤーの温風を当てましょう。

しばらく風を当てたら、ゆっくりとブラシを外してください。
すると、綺麗な巻き毛になっていると思います。
巻き付ける束の量を変えると、雰囲気の異なる巻き毛を作れます。
こちらはストレートヘアにするより少し難しいので、練習を繰り返しましょう。

冷風で巻き毛を固めよう

髪の毛は、熱を加えた時に形を変えます。
そして温度が下がって冷えた時に、そのままの形で固まると覚えておきましょう。
ですからうまく巻き毛をキープするコツは、温風を使った後に冷風を当てることです。
冷風を当てると、綺麗な巻き毛の状態で固まるでしょう。
そのため温風と、冷風が出るドライヤーを用意してください。

さらにスタイリングをする際に、風量が大きいドライヤーを使うのは避けましょう。
それでは髪の毛がうまくまとまらず、スタイリングに時間が掛かってしまいます。
髪の毛を乾かす時は風量が大きいドライヤーでも良いですが、スタイリングの時は別のドライヤーにするか、風量を自由に調整できるドライヤーを用意するのがおすすめです。


TOPへ戻る